カテゴリー別アーカイブ: 健康

メタボリックシンドロームとは

高血糖、高血圧、脂質異常症のうちのいずれかが内臓脂肪型肥満に、合併している状態を、メタボリックシンドロームというそうです。メタボ対策をしなければならない人は毎年のように増える傾向にあります。アメリカ、日本、WHOの各診断基準は違うものになっています。

日本では男性のウエスト85センチ以上、女性のウエストは90センチ以上が目安です。動脈硬化性疾患の発生する確率がアップする危険な状態をだといえるようです。今はまだ病気になったわけではありませんが、生命に関わる病気である脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などにメタボリックシンドロームの人は今後かかりやすい体になっているといえるのです。

対策を早急に取ることが、さまざまな病気を防ぐ対策になるといえるでしょう。洋食をとる機会が増えたこと、運動が足りないこと、生活リズムが不規則なことなどが、今メタボリックシンドロームが多くなってきている要因です。実に成人の4人に1人がメタボリックシンドロームの可能生があると言われているのがアメリカです。メタボリックシンドロームは対策を取ることが可能です。

食事の見直しや運動の習慣などが、内臓脂肪型肥満を解消し、高血糖や高血圧を改善できると言われています。内臓の周りに脂肪がついた状態でである内臓脂肪型肥満は、りんご型肥満ともその体型からいわれています。その性質は皮下脂肪に比べて蓄積されやすく代謝されやすいというもので、比較的メタボリックシンドローム対策が効きやすいといえるでしょう。

エイジングケアに利用できるサプリメントについて

サプリメントでエイジングケアをするという方法が、関心を集めているようです。年を取っても変わらないようにするのが、エイジングケアの目的です。くすみ、しみ、たるみなど、年齢を重ねることで起きる肌の変化を抑止するというものです。

エイジングケアの目的でサプリメントを利用している人は少なくないようです。様々な栄養素が、エイジングケアに効果を発揮するといいます。ビタミンやミネラルも、エイジングケアに必要な成分だと言われています。それ以外では美肌成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、コエンザイムQ10などです。若いうちからエイジングケアをしなくても、40代以降にお肌が変わってきてからすればいいと思っている人もいます。

エイジングケアは早ければ早いほうが、より高い効果を上げることができると言われています。目には見えないけれど、年齢によるお肌の衰えは、30才になる前から起きています。しみや毛穴のたるみなどを実感するようになるのは、大体30才中頃です。気がついた時には長年浴びてしまった紫外線による肌へのダメージや、乱れた食生活や不規則な日常生活による肌や体に対する負担は大きいものとなっています。

健康状態に自信がある人でも、年を取ればだんだんとしみやしわ、節々の痛みなどが発生してきます。サプリメントでエイジングケアにいい成分を摂取するのに、早すぎるということはありません。お肌の変化が目に見えるようになる前に、できる対策は講じておいた方が、老化の予防になります。

プロテインを利用したダイエットの効果

最近、女性の間でもプロテインダイエットが注目されています。プロテインダイエットのプロテインとは高たんぱく健康食品のことです。運動によるダイエット効率を高めるために、プロテインサプリメントを摂取するのがプロテインダイエットの主な手法です。プロテインには2つの種類があります。1つはスポーツ選手のために開発された、たんぱく質の含有量が多いプロテインです。筋肉をふやすことがこのプロテインの目的です。もう1つのプロテインとは、健康増進や体の成長をサポートするためのプロテインサプリメントです。純粋なたんぱく質のサプリメントでありませんが、鉄、カルシウム、ビタミンなどを取り入れることができます。プロテインダイエットで使うプロテインは、高たんぱく質を中心に体に必要な栄養を配合した栄養補助食品です。プロテインを摂取することで、必要なエネルギーを効率良く摂取することが可能です。プロテインダイエットのためにプロテインを飲むタイミングとしておすすめなのは食後、1時間以内か運動の後、1時間以内です。プロテインによるダイエットの影響を期待するなら、この時間がいいでしょう。食事は、体内のインシュリン量が増加するといいます。インシュリンが分泌されると、たんぱく質が素早く吸収されるので、食後に摂取するのが良いといわれているのです。運動の直後は、疲労した筋肉のリカバリーがされているため、たんぱく質の吸収率がアップします。いつプロテインサプリメントを使えばよりダイエット効果を上げることができるのか、じっくり考えて使ってみてください。