カテゴリー別アーカイブ: 男性器の悩み

早漏でお悩みならまずは「トノス」を試してみよう

皆さんは「トノス」という薬をご存じでしょうか。 トノスは、大東製薬工業株式会社から48年以上も販売され続けている大ヒット商品です。

トノスは、早漏を応急的に改善してくれる塗り薬です。 アミノ安息香酸エチル、プロカイン塩酸塩、ジプカイン塩酸塩という3種類の麻酔成分が配合されています。 男性器に麻酔成分を塗布することにより、亀頭が刺激に対して過敏になりすぎるのを防いでくれます。

その結果、早漏の方も普段よりは射精までに掛かる時間が長くなります。 男性は、女性がオーガズムに達するまでは射精を我慢したいですよね。 長年の間、そんな早漏の男性方の強い味方となってきたのが、このトノスなのです。

また、配合されている成分の中の1つに、テストステロンという男性ホルモンがあります。 加齢やストレスなどで男性機能が衰えてきた方には、このテストステロンが効果的に作用します。

現在、トノスは第1種医薬品に指定されています。 ドラックストアでも、薬剤師がいるお店であれば購入することが可能です。

ED(勃起不全)の内服薬は早漏にも効くのか?

ED(勃起不全)の薬と言えば、代表的なものにバイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。 皆さんも、1つ位は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらの内服薬を服用すると、血管内部の拡張が起こります。 血管が拡張することで海綿体が血液で満たされ、勃起を促す作用を生みだすのです。

EDの薬は、早漏の治療のためにも処方されることがあります。 これは、なぜなのでしょうか。

薬の作用で固く勃起したペニスの亀頭の部分は、感覚が若干鈍くなっています。 そのため、少しの刺激で射精してしまうことを防止出来るのです。 このような作用を併せ持っているため、早漏でお悩みの方にもEDの治療薬が処方される訳です。 仮性包茎などで亀頭が敏感過ぎる方には、効果が期待出来ます。

ちなみに、心因性の早漏の治療薬として処方されるSSRIとは、作用が全く異なります。 SSRIは、うつ病などの治療に使われる薬です。 脳内のセロトニンという物質の濃度を高めることで、早漏の改善を促します。