月別アーカイブ: 2013年7月

メタボリックシンドロームとは

高血糖、高血圧、脂質異常症のうちのいずれかが内臓脂肪型肥満に、合併している状態を、メタボリックシンドロームというそうです。メタボ対策をしなければならない人は毎年のように増える傾向にあります。アメリカ、日本、WHOの各診断基準は違うものになっています。

日本では男性のウエスト85センチ以上、女性のウエストは90センチ以上が目安です。動脈硬化性疾患の発生する確率がアップする危険な状態をだといえるようです。今はまだ病気になったわけではありませんが、生命に関わる病気である脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などにメタボリックシンドロームの人は今後かかりやすい体になっているといえるのです。

対策を早急に取ることが、さまざまな病気を防ぐ対策になるといえるでしょう。洋食をとる機会が増えたこと、運動が足りないこと、生活リズムが不規則なことなどが、今メタボリックシンドロームが多くなってきている要因です。実に成人の4人に1人がメタボリックシンドロームの可能生があると言われているのがアメリカです。メタボリックシンドロームは対策を取ることが可能です。

食事の見直しや運動の習慣などが、内臓脂肪型肥満を解消し、高血糖や高血圧を改善できると言われています。内臓の周りに脂肪がついた状態でである内臓脂肪型肥満は、りんご型肥満ともその体型からいわれています。その性質は皮下脂肪に比べて蓄積されやすく代謝されやすいというもので、比較的メタボリックシンドローム対策が効きやすいといえるでしょう。

エイジングケアに利用できるサプリメントについて

サプリメントでエイジングケアをするという方法が、関心を集めているようです。年を取っても変わらないようにするのが、エイジングケアの目的です。くすみ、しみ、たるみなど、年齢を重ねることで起きる肌の変化を抑止するというものです。

エイジングケアの目的でサプリメントを利用している人は少なくないようです。様々な栄養素が、エイジングケアに効果を発揮するといいます。ビタミンやミネラルも、エイジングケアに必要な成分だと言われています。それ以外では美肌成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、コエンザイムQ10などです。若いうちからエイジングケアをしなくても、40代以降にお肌が変わってきてからすればいいと思っている人もいます。

エイジングケアは早ければ早いほうが、より高い効果を上げることができると言われています。目には見えないけれど、年齢によるお肌の衰えは、30才になる前から起きています。しみや毛穴のたるみなどを実感するようになるのは、大体30才中頃です。気がついた時には長年浴びてしまった紫外線による肌へのダメージや、乱れた食生活や不規則な日常生活による肌や体に対する負担は大きいものとなっています。

健康状態に自信がある人でも、年を取ればだんだんとしみやしわ、節々の痛みなどが発生してきます。サプリメントでエイジングケアにいい成分を摂取するのに、早すぎるということはありません。お肌の変化が目に見えるようになる前に、できる対策は講じておいた方が、老化の予防になります。

ED(勃起不全)の内服薬は早漏にも効くのか?

ED(勃起不全)の薬と言えば、代表的なものにバイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。 皆さんも、1つ位は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらの内服薬を服用すると、血管内部の拡張が起こります。 血管が拡張することで海綿体が血液で満たされ、勃起を促す作用を生みだすのです。

EDの薬は、早漏の治療のためにも処方されることがあります。 これは、なぜなのでしょうか。

薬の作用で固く勃起したペニスの亀頭の部分は、感覚が若干鈍くなっています。 そのため、少しの刺激で射精してしまうことを防止出来るのです。 このような作用を併せ持っているため、早漏でお悩みの方にもEDの治療薬が処方される訳です。 仮性包茎などで亀頭が敏感過ぎる方には、効果が期待出来ます。

ちなみに、心因性の早漏の治療薬として処方されるSSRIとは、作用が全く異なります。 SSRIは、うつ病などの治療に使われる薬です。 脳内のセロトニンという物質の濃度を高めることで、早漏の改善を促します。