真珠様陰茎小丘疹をレーザーで除去する治療法について

真珠様陰茎小丘疹は性感染症ではないとは言え、その見た目から多くの男性が除去手術をしています。女性に対しての印象もあまりよくない上に放っておいて治るものではないので、もし女性と性的な関係になることが予想される場合には、早めに治療をしてしまうと良いでしょう。

 

そこで真珠様陰茎小丘疹の除去ですが、一般的にはレーザーを使って焼き取ることになります。このレーザーを使った治療法は症状のレベルにもよりますが、だいたい15分もあれば施術が終わるので、とても手軽です。

 

また、真珠様陰茎小丘疹をレーザー除去した後は傷があるので、包帯を巻かれてしまうのですが、1週間もすれば包帯も取れて日常生活に戻ることができます。包帯が巻かれている期間は、傷跡がかさぶたになっている状態ですから、感染症を防ぐためにも入浴などで直接ぬらすようなことは避けるようにします。かさぶたがとれてしまえば、見た目もきれいになり、入浴等にも何の支障もなくなります。


このページの先頭へ戻る